Tech Momの雑記帳@シリコンバレー

IT企業勤務の二児ワーママが一念発起してカリフォルニア・ベイエリアへ。日々限られた時間の中での英語学習や子育て、ライフハックについてつぶやきます。

コロナがきっかけで開店したドーナツ屋

 

f:id:petitprintemps:20201124092517j:plain

 

最近、息子と家でドーナツ屋さんごっこをしていたときに無性にドーナツが食べたくなってしまいました。

 

アメリカでドーナツを食べたのは今年に入って一度だけ。

Mountain Viewの近くに用事があった時に、たまたま同じショッピングエリアにクリスピークリームドーナツを見つけたので、せっかくだからと子どもたちへのお土産に買ったことがありました。

 

クリスピークリームドーナツのデリバリーはうちの地域では行っていないので、買いに行くとなると時間がかかります。

すごく時間がかかるわけでもないのですが、体に良いとは言えないものを往復1時間近くかけて買いに行くのは気が引けます。



そこで家の近くにドーナツ屋さんがないかなぁと探していた時に見つけたのがこちらのお店。

 

Oven Heaven Homemade

www.ovenheaven.us




Mochi Donutというモチモチしたドーナツを売っているようで、

見た目にもクリスピークリームのように砂糖たっぷり、ゴテゴテデコレーションという感じでもありません。

 

毎月メニューが変わるのも楽しいですね。11月はアジア各国がテーマで、インドネシアタイ、日本を代表する味のドーナツを提供していました。



アメリカのドーナツとは思えない繊細な見た目で、甘さもちょうどよいです。

9割型子どもたちが食べてしまいましたが。。

 

実はこのお店、オープンしたのはコロナ渦でshelter-in-place真っ只中の今年5月で、しかも運営しているのは現役大学生の3人だそうです。

 

このコロナで大変な時期だからこそ「a little bit of comfort and sweetness(ほんのちょっとの楽しみと甘さ)」を提供しようというコンセプトということで、そこの着眼点が素敵だなぁと。

この時期に、この時期だからこそ敢えてオープンするという逆張りの発想。



ウェブでオーダーし、送金アプリで事前支払い、受け取れるのは水金日の夕方以降のみ。

 

しかも当日取りに行って驚いたのですが、店舗はなく、アパートの駐車場にて車内で待っていると手渡ししてくれると言うものです。なので子どもたちを学校からピックアップした後に子連れで取りに行っています。

 

この時期感染の心配もあって、子どもたちとお店に入るのも避けたいところなのでちょうど都合がよいです。

 

店舗を持たなくても、そして学生でも、ビジネスって開けるのだなぁと。

そしてこんな時期に始めたその勇気に、ちょっと応援したくなるお店です。

 

 

ちなみに日本の東京に住んでいた時は、近くに子供にも安心な無添加の素朴なドーナツを売っているお店が結構あったのですよね。あの素朴なドーナツもたまに懐かしくなります。

 

アメリカ乾燥機のお手入れ

最近乾燥機の乾きが悪くなってきたと感じていました。なかなか乾かない。

 

しかし忙しさにかまけて、洗濯する時以外になるとそのことをすぐに忘れてしまっていた私。

週末に乾燥機をかけた後の生乾きの服を見てこれはやばいなと思い始めました。

 

以前、乾燥機の乾燥モードを変えたことがあったのでそれが原因かなとも思っていたのですが、レベルを「More Dry」にして温度を「High」にしても変わらない。

 

 

我が家の洗濯機・乾燥機は外のベランダにあり、洗濯機の上に乾燥機が置いてある状態。

f:id:petitprintemps:20201123003000j:plain

背の低い私からだと乾燥機の一番奥まで手が届かないので、あまり乾燥機に気をかけていませんでした。それに外が寒いとあまり長居をしたくないし。



マンション備え付けの洗濯機・乾燥機で使い方の説明書ももらっていないので、適当にボタンを選んで洗濯乾燥していました。

 

考えてみれば日本の洗濯乾燥機ではホコリがたまるとサインが出たため、2回にいっぺんはフィルターのホコリを取って掃除をしていました。

 

アメリカの乾燥機では一見するとそういったフィルターがなさそうだったのでこれは楽ちんと思っていましたが、まぁホコリが出ないなんて事はありませんよね。

 

このアパートに引っ越してきたのが1年ちょっと前なのでそれから一切何もしていないことになります。

ちなみにその前のアパートは10ヵ月ほどで引っ越しをしてしまったので、このような事態には遭遇せず。



部屋からスツールを持ってきて、その上に上り、乾燥機をくまなく点検。

 

フィルターはどこにあるのだろうと探すと、手前に「CLEAN BEFORE EACH CYCLE」の文字が。もしかしてここがフィルターかな?と思って引っ張ってみるもののなかなか動きません。

 

しかしここしかこれ以外に場所がないはず、と思い切って引っ張ってみると、フィルターと一緒にホコリの絨毯が出てきました。。我が家の絨毯よりも分厚い感じ(笑)

 

ちょっとウェットティッシュで拭き取るレベルではなかったので、ゴミ袋を持参。

フィルターにくっついたホコリの絨毯を捨て、さらにフィルターが入っていた場所にもホコリが残っていたのでそれをなんとか掻き上げて除去しました。

いやかなりのホコリ。こんなにあったのに乾燥機回していたなんてとびっくりする位。

 

終わった後にシーツを乾燥したところ、無事に乾燥するようになりました。よかった。

 

乾燥機にかけても生乾きなのがなにげにストレスだったのですよね。

週末にそしてサンクスギビング前に掃除できて気分もすっきり。

自然派甘味料ラカントはMonk Fruitという名前だった

最近パーソナルトレーナーと契約してボディメイクを頑張っていたのですが、その中で食事のとり方についても指導がありました。

 

私はそこまで大食いではないものの甘いものが大好きで、特に仕事で忙しい時など知らず知らずのうちに口に運んでしまったりします。

 

そのことをパーソナルトレーナーの方に相談してみたところ、「モンクフルーツの甘味料がいいよ」とのことだったので早速調べてみました。

 

調べてみるとモンクフルーツとは日本で「羅漢果(ラカンカ)」と呼ばれるスーパーフルーツで、日本ではラカントという自然派調味料として出しているものでした。

 

ラカントは私も日本では家に常備していたのですが、アメリカにはこういった甘味料はないもの(人工甘味料がたくさんあるイメージ)と勝手に思っていました。

 

まさかモンクフルーツはラカントだったとは!ということで早速モンクフルーツの粉末甘味料とシロップを購入。

 

 

 

Amazon.com : Lakanto Monkfruit Sweetener, 1:1 Powdered Sugar Substitute, Keto, Non-GMO (1 lb) : Grocery & Gourmet Food

f:id:petitprintemps:20201121083221j:plain

Amazon.com : Birch Benders Flavored Monk Fruit Syrup, Classic Maple Magic, 13 Fl. Oz : Grocery & Gourmet Food

 

 

f:id:petitprintemps:20201121083249j:plain



 

プロテインを取るために私は毎朝ノンファットのギリシャヨーグルトを食べているのですが、そこにフルーツ、食物繊維を取るためのきなこ(あるいは豆乳パウダー)、メープルシロップをかけるのが日課となっています。

 

このメープルシロップの代わりにモンクフルーツシロップを使うことにしました。

甘さが独特で最初は「あ、ちょっと違うかも」と思ったのですが、慣れてくるとこれでも全然大丈夫です。これでカロリーが抑えられると思えばなんてことありません。

 

無理せず甘いものを取るためにもモンクフルーツは常備しておこうと思います。

 

思えば渡米1年目は生活に必要なものを取り揃えるのに必死で、生活の質を上げること、より良いものを選ぶところまで気が回っていませんでした。

 

日本に居た時は、醤油はここのもの、豆腐はここのもの、などこだわりがあったのですが。

渡米2年目。少しづつこういった生活の質をあげて幸せ度を増してくれるものを探して選んでいきたいところです。

 

Haloweenでよく目にする言葉 - SPOOKTACULAR

f:id:petitprintemps:20201121080651j:plain



 

ハロウィンでよく見かける言葉に「Spooktacular」というのがあります。

見てなんとなく分かるようにSpookyとSpectacularをもじってできた俗語です。

 

Wiktionaryより引用

Spooky and spectacular; wonderfully frightening. 

 

Spooky不気味な」とSpectacularみごとな、豪華な」を合わせて「素晴らしく不気味な」という意味になります。

 

ハロウィンというイベントならではの、怖くて不気味さがイケているという意味で子どもたちの仮装やイベントに対して使われる表現です。

 

 

さて今年は子どもたちにとって初めてのハロウィンでした。

というのも去年は私の日本出張が重なってしまい、ハロウィンは日本で過ごしたためです。

 

コロナ渦のハロウィン。今年は学校でもやるかどうかわからないし、やっても大々的なものではないだろうから、ちょっとハロウィンぽい服装(パンプキン柄など)でいいかなと最初は思っていたのですが、去年のプリスクールの様子を動画で友人に見せてもらってびっくり。

未就学児でもガチで仮装じゃないですかー。

しかも友人は10月頭時点で、既にコスチュームは用意しているとのことで焦ってコスチュームを探しました。

 

あまり服装に興味を持たない子どもたちなので、仮装も興味ないかな?と思っていたのですが、Webでハロウィンコスチュームを子どもたちと選んだり、事前に試着してみせたりしたことで徐々に楽しみが湧いてきたようです。

 

ちなみに子どもたちのリクエスト通り、息子はソニック、娘はプリンセスの衣装でした。

 

当日は、息子のキンダーでは学校の周りのパレードは親参加禁止でZoomから見るのみ。娘のプリスクールはクラス毎にパレードを行い、その間のみ親は駐車場で車の中から見ることができました。

 

例年よりも制限があったとは思いますが、それでも初めてのハロウィン、子どもたちも楽しんだようで、実施してくれた学校に感謝です。

 

初めて車のタイヤ空気入れに挑戦

最近寒くなったことが原因なのか

先週から車に空気圧警告灯のサインが出続けていました。

 

実はこれは今年2回めです。1回目は3ヶ月弱前でした。

去年は1年乗り回していても一度もなかったのに。

 

 

 実はアメリカに来るまで自転車のタイヤですら空気をいれたことのなかった私。

 

そしてアメリカに来てから自転車の空気入れで、相当てこづりました。

これはまた時間がある時に書こうと思いますが、その苦い経験もあったので

「自分で車の空気入れとか、怖くて絶対ムリ!」と思っていました。

 

 

 

1度目はむちゃくちゃあせって、車の定期点検でお世話になっている所まで行って空気を入れてもらいました。これで当分大丈夫だと思ったのにまたすぐにあるとは。。。

 

 

これは今後の生活、避けては通れなそうだな、と覚悟を決めました。

最近友人が初めて空気入れに挑戦したことも、背中を後押しするきっかけになりました。

 

まずは家で車の説明書を読んで、次に車に行き、タイヤに記載されているMAX PRESSURE(これ以上はいれないようの表記と、車に貼ってある目安となる空気圧を確認。

 

 

f:id:petitprintemps:20201120081727j:image

 

私の車の場合、MAX PRESSUREは44PSI。

f:id:petitprintemps:20201120081745j:image

目安の空気圧は33PSI。

 

そしていつもガソリンを入れているプリスクール近くのガソリンスタンドに。

空気入れの機械の場所を確認後、まずガソリンを入れて領収書ももらっておきます。

 

これはなぜかというとカリフォルニアの法律でガソリンを買えば空気と水は無料で入れられるからです。

 

次に空気入れの場所に移動。

うーん、空気入れの機械に対して車をどの向きに停めるべき?

ガソリン入れる時と同じように横に停止?それとも前に向かって停止?

 

場所的に横に停止っぽい所だったので、横につけて停止。

お金を入れるところがそもそもない機械なので、これは勝手に入るのかしら?

そこにある管をもちあげてみると、あれ、これWebで見たのと違う。。。

おそらくこちらが水か?あぶないあぶない水なんか入れちゃだめだよー。

 

ともう一つの管をもちあげてみると、袋がくっついていて「Out of service」の文字が。

あ、、もしかして、故障中?

念の為、レジにいる人にも聞いてみたが故障中とのこと。ガーン。

 

どうしよう。。家の近くにあるガソリンスタンドまで戻るか?でももしそこでも故障中だったら?

と今いる場所から最も近い別のガソリンスタンドに移動。

 

ここにも別の種類の空気入れの機械が、スタンドの端っこにポツーンと。

こちらにはコインとクレジットカードの受け入れ口がある。

 

うーん、このガソリンスタンドではガソリン入れてないので、有料になっちゃうよねー。

てかガソリン入れたとしても、お店からここまで結構遠いいよ?みんなわざわざお店まで行って無料にしてもらってるのかな?

 

とりあえず左前輪のバルブのキャップを外して空気入れのホースをさしてみる。

シューといった音がする。あ、これは弁が開いて空気が抜けている?入ってない?空気圧を見てみると30くらい。

 

やはりお金いれないとダメか。と25セントコインを2枚だけ持っていたので、それを入れる。

すると機械から何かが動いているような音がし始める。

 

この状態でまたホースをタイヤにさしてからハンドルを掴むと、あれなんだか空気が入っているような様子。ハンドルを離すと、また空気圧が測れる仕組み。なんどかつかんでは離してを繰り返して空気圧を確認する。

 

正直マニュアル作業だし、空気圧のメモリも雑だし、44ぴったりとか無理な感じ。40ちょいすぎくらいを目指して入れてみる。

 

できた。

次は左後輪だー。とバルブを外そうとすると、、、え、硬いよ。硬すぎるよ。

そうこうしているうちに、空気入れの機械がおとなしくなった。

えーーーもしかして、終わっちゃった??

 

もうクオーター持っていないので、クレジットカードで今度はトライ。

右後輪。右前輪。完了。

 

あとは左後輪のバルブをもう一度トライ。全然びくともしない。

うーーん、あかないよーーー。お店の人の助けを求めようとしたけれど、かなりお店までかなり離れた場所。

そしてまた空気入れの機械がおとなしくなった。

ちーん。

 

たしか前回やってもらったのが右後輪だったと記憶しているので、その時きつくしめすぎたのでしょう。

とりあえず、右後輪は空気を入れないまま、空気圧警告灯のサインが消えたかどうかを確認してみることに。

 

まず車のエンジンを入れる。空気圧警告灯のサインは出たまま。

これは知っている。前回もそうで、おじさんがお店の周りを1周して戻ってきたら消えていたのだ。

 

ということで、ガソリンスタンドをゆっくり1周。消えない。

やはり右後輪の空気圧も下がっているのか?

 

ともう一度ゆっくり1周。

と、消えたーーー!

 

ということじゃ右後輪はいますぐやらないといけないレベルではないらしい。

今度はペンチかなにかでバルブがあくことを確認してからガソリンスタンドに来よう。

 

今回学んだこと

 

  • お金を入れる前に、バルブを4車輪ともはずしておくこと。
  • バルブをはずしただけじゃ、弁は開かないので、タイヤの空気がなくなるようなことはないのでここは慌てる必要なし。

 

家に戻って、ちょうど1時間。

ちょっとしたアドベンチャー。こりゃ、子連れではヒヤヒヤしてできないわ。学校に行っている間にできてよかった。

 

 

 

 

 

アメリカ大統領選挙で報じられた「put his big boy pants on」 - 大人らしい行動をとれ

アメリカ大統領選挙の開票が続く今週。

 

初めてアメリカの地でこの選挙報道を見て、一般のアメリカの人たちがこの選挙期間中どのように考えて過ごすのか身近に感じることができています。

 

一方、正直な感想としては「開票作業、時間かかりすぎ・・・」と、テレビを大して見ていない私ですら若干の選挙疲れを感じています。

 

Election stress disorder(ESD)という「大統領選による精神的ストレスによる悲しみや疲れ」を表す言葉もあり、アメリカ国民の3人に2人がこの状況なのだという報道も納得できます。

 

そんな状況でも徐々に勝者が固まりつつある中での昨日の報道。

 

Philadelphia mayor tells Trump to ‘put his big boy pants on’ and admit defeat.

 

この発言にはおおーと笑ってしまいました。

 

put his big boy pants on」というのは直訳すると「大人のパンツを履け」となりますが、「子どもじみたことはやめて大人として責任ある行動をとれ」という意味になります。

 

つまり上の文は「子供じみたことはやめて大人しく負けを認めてほしい」とフィラデルフィア州知事が話したという話。

なかなかインパクトがある言葉ですが、決して冗談めかして使っている発言ではありません。

 

 

---

 

ちなみに話は少し変わりますが、big boyという言葉を初めて聞いたのは、息子がプリスクールに通っていた時。

 

朝プリスクールに行っても、息子が「だっこ~」と冗談めかして私からなかなか離れないでいると、先生が一言。

 

you are a big boy!

 

もうお兄ちゃんでしょ!という意味です。

 

日本語だと兄弟のあるなしに関わらず、少し大きくなった男の子や女の子は「お兄ちゃん」、「お姉ちゃん」という表現を使いますよね。

 

でも英語でbrotherやsisterを使うことはなく、big boybig girlという言い方をするわけです。

 

このbig boyやbig girlは、小さな子どもが色々なことができるようになって褒める時にも使います。

 

娘が2歳のイヤイヤ期でなかなか言われたことをやろうとしなかった時も

 

「あれっ。○○ちゃん、まだbabyなのかな~?」と声をかけると

「○○ちゃんはbig girlだよ!!!」と泣き叫んでやってくれることも(笑)

 

big boyやbig girlはプリスクールでよく使われる言葉なのですね。

 

そんなことも思いだしながら、選挙のニュースを興味深く見ていたのでした。

 

英語中級、上級者のためのカランメソッド活用法

f:id:petitprintemps:20201105002819p:plain

callan method


 

カランメソッドという英語学習法をご存知でしょうか?

 

私は名前は知っていたものの、正直な話、オンライン英会話 ネイティブキャンプ に入るまで具体的な内容は知りませんでした。

 

カランメソッドは、会話を通じて自然にその言語を学習できるように設計された教授法であるダイレクトメソッドの一つであり、母国語が言語習得の壁となることが多い大人にとって有効な手段として知られています。

 

カランメソッドの具体的なやり方には、カランメソッドのテキストにある質問を先生が2回繰り返した後に、間髪いれず生徒がその回答をフルセンテンスで回答するというものです。もちろん生徒はテキストを見てはいけません。

 

他のオンライン英会話に比べて生徒が話す時間が長く、英語を通常の4倍の速さで習得できる、とも言われています。

 

私がネイティブキャンプでカランメソッドをStage4から始めて7ヶ月。

現在Stage8を進めているところですが、これまで何度か

カランメソッドは私の勉強の目的にあっているのだろうか

このまま進めてよいのだろうか

と悩んだことがありました。

 

ちなみに私はアメリカに住んで2年弱、もともと仕事で英語をそれなりに使っていたため、英語学習初心者ではありません。TOEICも約10年前に900点後半を取得しています。

 

しかし英語中級あるいは上級と日本で傍から見て思われている人こそ、実際の英会話力が伴わなっていないことに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

 

巷にあふれる英語教材や英語学習法は英語学習初心者を対象としたものが多いですし、TOEIC900点後半をとっていてもそこから「英語で全く苦労しない」レベルまでの道のりは思いのほか長いと感じています。

 

そしてTOEIC等のスコアとして可視化しづらい領域でもあるため、目標設定やモチベーションの維持がまた難しかったりします。

 

ここではそんな私が考える英語中級者以上にとってのカランメソッドの活用方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

英語中級、上級者向けのメリット3つ

 

口の筋トレ。英語を話すことに慣れる。

たとえ英語中級以上の方であっても普段あまり英語を話さないのであれば、たまに話さなければいけなくなった時に

「あ、私久しぶりに英語しゃべってる」

とドキドキしてしまったり、口が上手く回らなかったりすることってありますよね。

 

毎日カランメソッドで英語を大量に話す習慣を身につけることで、このような緊張を感じることが減り、英語を話す自分に慣れます。

これは別にカランメソッドでなくてもオンライン英会話を毎日続ければよいのではと思われるかもしれません。

それでもいいのですが、カランメソッドでは生徒側が強制的に話す時間が長いというのと、レッスンを始める敷居が低いというのが私にとっては続けやすかったです。

 

例えばフリートークなどとなると毎回内容を考えるのも面倒ですよね。

その結果、受け身で聞いているだけのレッスンになってしまったり、「今日はネタがないから休みにしよう、、、」という考えにも陥りがちです。

 

カランメソッドは事前に前回の復習をすることも大事ですが、決められた文章を話すのみなので、内容をイチから考えるといった手間はありません。

このため私は朝起きたらすぐにレッスンを予約し、10分後にはカランメソッドを受講するというサイクルを一時期続けていました。前回の復習はレッスン前の約10分間、テキストの文章を口に出して読む程度でした。

 

朝は「眠いなぁ」と頭も動かないしダラダラしてしまいがちですよね。

でも強制的にレッスンが始まってしまえば頭もしゃきっとして、受講後には完全フル回転モードでその後の一日を過ごすことができます。

「朝を有意義に使えている!」と自己肯定感もあがります。

 

また復習時間の確保としては、カランメソッドのアプリがあるのでこちらをダウンロードして、歩いている時などのスキマ時間に聞いたりもしていました。 

 

新しい単語やイディオムを文章で身につけられる

カランメソッドで使われる語彙は日常会話で使われる平易なものが多いため、英語中級、上級者であれば見たこともない単語というのは少ないかと思います。

でも、自分にとって使いやすい単語と、意味は知っているのだけど使いにくい単語ってありますよね。同じ内容を英語にするといつも同じ英語表現を使いがちだったりします。

 

カランメソッドで強制的に普段自分が使わないような単語や表現を使って文章を口にすることは、新たな単語を身体で覚えることにつながります。

 

また、イディオムについては結構知らなかったものが多く、例文と一緒にそのまま使える形で身につけることができます

 

例えば、Stage 8には次のようなイディオムが出てきます。

go in one ear and out the other = be heard but then immediately forgotten

e.g. There's no use telling him anything; it just goes in one ear and out the other.

このようなイディオムも普段なかなか使いこなせませんが、例文と一緒に覚えることで後で実際に表現として引き出しやすくなっています。 

 

英文の脳内メモリ量を増やす

 

私にとってカランメソッドの一番の目的はこれでした。

 

日本語だと言われた文章そのまま覚えているのに、英語だと長い文章を言われてすぐに反復できないことってありませんか?

 

話を聞いている間は英語が耳に入っているのに、終わった後に、「あれっ。なんて言ってたっけ?」と前に言っていたことが思い出せない。

 

英語初心者でもよくあることですが、中級上級になっても長い文章になると途中でついていけなくなる。

これは英語を理解することに頭の負荷がかかりすぎているためなんですね。

 

私は以前TOEFLの勉強をする際にある本を読んで、英語のリスニング、スピーキング強化には次の3つが最強であると知りました。これを学んで以来、自分の英語力がワンランクあがった気がします。

 

  • ディクテーション - 聞いた文章を書きとる
  • シャドーイング - 聞いた文章をそのまま同時に復唱する
  • リプロダクション - 聞いた文章を記憶して復唱する

特に大事なのがリプロダクション

直前に聞いた文章を手がかりに復唱するシャドーイングと違って、リプロダクションでは頭の中に文章を溜めておく必要があります。

このリプロダクションを続けることで英文を脳内に保持しておく領域、脳内メモリの大きさが増えているように感じることができます。

 

そしてカランメソッドではまさにこのリプロダクションの練習にうってつけなんですね。

 

というのもカランメソッドだと、先生の質問に対して、「正確に」、「省略することなく」、「フルセンテンスで」回答を返す必要があります。

 

例えばStage8で次のようなセンテンスがあります。

Supposing there was a place, shall we say, somewhere in the middle of a jungle in South America, where you knew for sure that there was about fifty million pounds' worth of gold, but the chances of returning alive were only fifty-fifty, would you go and take a chance and try your luck, or would you just stay at home and dread about it?

 

このような長いセンテンスも、回答する時は省略することなしに

Supposing there was ......, where I knew ... only fifty-fifty, I'd ....

 

とフルセンテンスで回答する必要があります。

このような長い質問文も聞いた瞬間に頭の中に保持しておかないと、正確な回答はできません。

これを毎日続けていくことで、気づくと長い文章が頭に残るようになった、脳内メモリが拡大した!と感じるようになりました。

 

 最後に - カランメソッドは筋トレのようなもの

 

英語中級、上級者でもカランメソッドは活用次第で英語スキルの向上に役立つと感じています。

 

しかし一方で、カランメソッドは運動に例えると筋トレのようなものととらえることもできます。

なぜカランメソッドが筋トレなのかというと、聞く、話す、文章の構造を理解するといった基礎スキルは向上するものの、「自分の考えに対して適切な英語表現を見つけながら話す」といった機会に乏しいからです。

 

筋トレばかりしていてもテニスが上達しないように、カランメソッドだけを続けていても英会話は上達しない、と私は考えています。

 

英会話にしても運動にしてもそうですが、「これさえやれば」はない!というのが私の考えです。

 

このため私は最初の数ヶ月は土日も含めて毎日、2レッスン計50分をカランメソッドに費やしていましたが、現在では平日1レッスンのみに減らし、残りの時間は他の英語勉強にあてています。

 

具体的には、私は目の前の仕事における英会話力アップが目的ですので、仕事に関連したプレゼン動画を見たり、余裕がある時はオンライン英会話でフリーディスカッションをしたりもしています。

 

みなさんも、カランメソッドを筋トレととらえて活用する一方、併用してより実践的な英語練習もすることで、より効果を感じられるのではないかと思います。